Uber Eats(ウーバーイーツ)の確定申告はいくらから?税金の申告方法を副業・本業に分けて解説!

この記事では、Uber Eats(ウーバーイーツ)で副業や本業を行う場合に税金がかかるのか、また『いくらから税金がかかるのか』などを解説します。

結論から言うと、 Uber Eats(ウーバーイーツ) の収入も税金の対象になり確定申告が必要になります。

ただし、ある一定額までは申告が不要な場合もありますので、あわせて解説します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の税金や確定申告について具体的な内容が気になる方は、ぜひこの記事を読み進めてください。

目次

Uber Eats(ウーバーイーツ)の収入は副業でも税金がかかる!

UBEREATS ウーバーイーツ 税金

ウーバーイーツでの収入は、売上になり、利益が出れば所得になります。

具体的には、個人事業主として委託契約を取り交わして配達する事になります。

これらの収入は、収入から経費を指しいひた後、『雑所得』又は『事業所得』として確定申告を行う必要があります。

ただし、この所得(利益と読み替えて差支えありません)が一定額に達するまでは申告義務がありません。

副業の場合は基本的に雑所得とされそうですが、これも営利性があるかどうか、経常的に行っているものか(反復継続的か)などによります。

ある程度は自己申告的な側面もあり、雑に言えば開業届を出していて、継続的に事業を行っていれば事業所得として認められるといえるでしょう。

なお、こちらで詳しく解説しております。

また、所得の金額がいくらまで申告が不要なのか気になると思いますので、次の項目で具体的な金額を確認しましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の収入はいくらから確定申告が必要?

UBEREATS ウーバーイーツ 税金
環境金額
本業でウーバーイーツ所得が48万円を超える場合
副業でウーバーイーツ所得が20万円を超える場合

上記の表に記載した通り、ウーバーイーツの収入が本業なのか副業なのかで取り扱いが異なります。

基礎控除の部分が既に控除される状況かどうかで差が出るためです。

本業でウーバーイーツの収入がある場合48万円超から申告が必要

本業でウーバーイーツで収入を得る場合、48万円を超えると申告義務があります。

なぜ48万円までかというと、48万円までは基礎控除があり、税額がゼロになるためです。

この控除額を超えて所得がある場合には、申告義務が出てきます。

副業でウーバーイーツの収入がある場合20万円超から申告が必要

また、給与所得など別に収入がある場合は基礎控除などは既に給与所得部分で使うと考えて頂いて本業のように48万円までということはありません。

ただし、20万円までは申告しなくていいことになっています。

逆に言うと20万円を超えると申告が必要になりますが、詳しくはこちらをご覧ください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の確定申告の方法は青色と白色がある

所得税の申告方法特別控除複式簿記の帳簿作成その他メリット
青色申告最大65万円必要繰越控除・一時償却可
白色申告なし不要なし

これはウーバーイーツに限った事ではありませんが、所得税の確定申告の方法には青色申告と白色申告があります。

青色申告は帳簿の記入が義務付けられており、手間がかかる反面、控除など優遇措置が認められています。

事業所得として申告するのであれば青色申告をおすすめします。

なお、所得税の申告は専門知識が無くても、会計ソフトである程度補う事ができます。

最近では会計freeeを使って申告する人がすごく増えてきているようなので、こちらの公式サイトから確認してみてはいかがでしょうか。

\簡単5分で無料登録!/

Uber Eats(ウーバーイーツ)の確定申告で経費として認められるものは?

インスタ 税金 所得区分
費用項目勘定科目
車両(自転車やバイク)の購入費用 ※1車両費
ガソリン代やメンテナンス費用車両費or修繕費
文具や消耗品類消耗品費
携帯電話の料金 ※2通信費
事務所家賃 ※3地代家賃

※1 10万円を超える場合、原則は資産計上して減価償却
※2 一部に限る
※3 自宅を兼ねる場合一部

上記のように各種の費用を所得税計算上の必要経費として計上することが出来ます。

考え方として、基本的に『事業に直接的に関わるもの』ということになります。

事業を運営する上で必要不可欠な経費のみとお考え下さい。

なお、細かい点は税理士さんなどに確認されることをおすすめします。

税理士さんに相談する事で、数十万円単位で税金が減る事も珍しくありません。

税理士さんを探すことができるサービスはこちらの記事で紹介していますのでよければご確認ください。

>>税理士紹介サイトおすすめランキング|評判の良い有名7サービスを徹底比較!

Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐと扶養から外れる事もある

税理士紹介エージェント 口コミ 評判
内容扶養に入れる要件
所得税所得が48万円以内
社会保険収入が130万円以内(諸説あり)

どなたかの扶養に入っている方がウーバーイーツで収入が多くなると、所得の問題で扶養に入れないケースがでてきます。

この扶養にも所得税の扶養、社会保険の扶養などありますが、いずれも一定額を超えると扶養から外れます。

所得税の扶養に入るかどうかの判断基準は『所得』が一定額(48万円)までということですが、社会保険の場合は『収入』が一定額(130万円)までとなっています。

ただし、社会保険については諸説あります。

『収入』で130万円なのか、『所得』で130万円なのかなどさまざまな情報が入り乱れていますので、細かい点は社会保険労務士などの専門家に確認する事をおすすめします。

Uber Eats(ウーバーイーツ)での業務は労災の対象にならない

ウーバーイーツでの労働は、雇用契約に基づかないため、労災の対象になりません。

あくまで個人事業主として委託契約に基づき収入を得るため、労災の対象にする場合には自ら事業所の開設届をハローワークに出す必要があります。

もちろん、労働保険もお支払いする必要があります。

ただし、個人事業主や経営者が加入する場合には『特別加入』という特殊な方法で加入する必要があります。

こちらも、具体的には社会保険労務士などの専門家に確認する事をおすすめします。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の収入が会社にバレないための対策

ウーバーイーツに限らずですが、特に副業で何か収入を得た場合、会社にバレないようにしたい方も多いと思います。

この場合は、確定申告の際に注意が必要です。

ウーバーイーツの収入は給与所得では無いため源泉徴収票が発行され、それにより会社にバレてしまう事はありません。

しかし、確定申告の際に『特別徴収』を選択すると給与と合算されて会社に通知が行ってしまいます。

事業所得や雑所得の取り扱いについては別の記事でくわしく解説していますので、理解を深めたい記事はそちらを確認してみてくださいね!

>>副業での収入はいくらから確定申告が必要?計算方法や税金対策など解説!

また、会社バレについては以下のリンク先の記事や、下にある動画でも詳しく解説しておりますのでご覧ください。

>>副業が会社にバレる原因や時期は?所得税の確定申告が要注意な理由!

Uber Eats(ウーバーイーツ)収入の確定申告は会計freeeがおすすめ

よくある所得税の申告方法
  • 税務署の申告会場に持ち込む
  • 青色申告会で指導を受ける
  • 税理士さんに依頼
  • 会計ソフトを使って申告

上の表のように、所得税の申告にはいくつかの方法があります。

それぞれにメリットがありますが、コストや手間から最もバランスに優れるのは会計ソフトを使っての申告です。

中でも、会計freeeの確定申告機能は非常によくできていて、感覚的に進められるので知識が浅い方でも申告が可能な場合も多いです。

迷ったらまずは会計ソフトに無料登録してみて、ご自身でもできそうかどうか、確認だけでもしてみる事をおすすめします。

\ かんたん5分で無料登録 /

Uber Eats(ウーバーイーツ)の税金と確定申告についてまとめ

この記事ではウーバーイーツの収入にかかる税金について解説しました。

収入次第では所得税の申告が必要になりますのでご注意ください。

また、一定額までは税金がかかりませんので、その範囲で調整するのも一つの方法です。

ご自身の状況に合わせて、上手くウーバーイーツを取り入れるといいと思います。

なお、会計freeeの無料プランを詳しく確認したい方は、以下の記事でくわしく説明しています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる