会計freeeはなぜ無料で使えるの?30日無料の方法もあるの?

この記事では、会計freeeがなぜ無料で使えるのかということについて簡単に説明いたします。

5分もあれば読める記事ですのでさらっと読んでいただければと思います。

結論から言うと、これはfreeeに限らず当たり前の話ですが、無料で使って頂いた方の中から一定数が有料版に移行してもらえばよいという狙いによるものです。

やり方としては王道であり、実際にユーザー数は伸び続けています。

それでは、もう少しだけ詳しく説明いたします。

目次

会計freeeが無料で使える理由を解説します

freeeが無料で使える理由

・実際に使ってもらうと有料へシフトしやすい
・機能に自信があるので使ってもらいたい
・ザイオンス効果の利用
・返報性の原則の利用

会計freeeが無料でもある程度の機能が使える理由としては、主に上記のようなのマーケティング上の理由があるかと思います。

細かい話は割愛しますが、これらの狙いは、王道中の王道とも言えそうです。

しかしメーカーとしては、ユーザー側のメリットとして提供する事で、ビジネス上の成果に繋げようとする試みです。

我々ユーザーは、そのメリットに素直に乗っかってみるのも一つの手ではないかと思います。

freeeが無料で使える範囲を解説します

freeeは無料でも使えますが、当然ながら全ての機能を使えるわけではありません。

ただし、基本的な機能はほとんど使えるため、興味のある方は使ってみるのをおすすめします。

百聞は一見に如かずという事ではありませんが、購入前に実際に触れてみる事のメリットは大きいです。

より詳しい情報は以下の記事で紹介していますので、よければご覧ください。

freeeが30日間無料お試しで使える範囲は少し広いです

freeeは完全な無料の他に、一定期間のみ有料版をおためしで使用する事もできます。

使用可能な機能の範囲は完全な無料よりもより広くなっており、期間については30日間使えます。

これについても先程紹介した記事でご紹介していますので、よければご覧ください。

freeeがなぜ無料で使えるかについてのまとめ

この記事では、簡単ですが、なぜfreeeが無料で使えるのかということについてご説明いたしました。

よければご参考にしていただけたらと思います。

なお、各プランの機能や料金などは下記で詳しく解説しております。よければご確認下さい。

また、口コミや評判については下記リンク先の記事で紹介しております。よければご確認ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる