会計freeeのおすすめプランと料金の徹底比較|法人と個人事業主

この記事ではクラウド会計ソフトfreee(フリー)の料金プランの種類と、プランによる機能の違いまでを会計のプロでありfreee認定アドバイザーの私が、比較しながら詳しく解説します。

会計ソフトfreeeをはじめとするクラウド会計ソフトの知名度は徐々に高まってきており、検討する方も多いのではないでしょうか。

中でも会計freeeはパイオニア的存在であり、その成長は目を見張るものがあります。

そこで、会計freeeの料金プランと機能の特徴を詳しくご紹介しますので、導入の参考にお役立て下さい。

目次

法人向け会計freee(フリー)の料金プランと機能を比較して解説します

価格と機能ミニマムベーシックプロフェッショナル
月額2,380円4,780円47,760円
年払価格23,760円47,760円477,600円
年払時の月額1,980円3,980円39,800円
ユーザー上限3名3名10名
決算書の作成
見積書・請求書・納品書作成
入金・支払管理
チャット/メールサポート
ユーザー追加
請求書の定期・一括請求機能 

従業員の経費精算機能 

ワンクリック振込(要ネットバンキング) 

電話サポート 
予実管理  
プロジェクト会計  

複雑な部門管理  


5階層まで

複雑な申請経路  

法人向け料金プラン比較表

※価格に消費税は含みません

法人向け会計freeeの料金プランは3種類あります。

なお、会計freeeの機能には試算表などのごく一般的な機能をもちろん含みますが、ここでは割愛します。

法人向け会計freeeはそれぞれのプランごとに、上記のような機能面の違いがあるため、比較しつつご検討いただければと思います。

中小企業の場合freeeのプランはミニマムとベーシックを比較しての導入がおすすめ

中小企業の場合、基本的にはミニマムとベーシックの比較になるのではないかと思います。

ある程度の規模に達するまでは、法人向け会計freeeはミニマムプランをおすすめします

ミニマムプランであっても、領収書の取り込みなどの主要な機能は備えており、十分に機能が充実しています。

無料でお試し可能なので、まずは以下の公式サイトで確認してみください。

\かんたん5分で無料登録/

freeeのプロフェッショナルプランは大企業や中堅企業向け

プロフェッショナルはかなりの事業規模を対象にしており、機能も多岐にわたります。

特に、ユーザーが上限が10名までであったり、部門設定が5階層まで使えたりと、いささか過剰な印象を受けます。

上場企業でもfreeeを使っている会社もあるため、それらをカバーするためのプランと言えそうです。

個人事業主向け会計freeeの料金プランと機能を比較して解説します

機能スタータースタンダードプレミアム
月額1,180円2,380円
年払価格11,760円23,760円39,800円
年払時の月額980円1,980円3,316円
ユーザー上限3名3名3名
確定申告書の作成
電子申告
見積書・請求書・納品書作成
チャット/メールサポート

ユーザー追加  
レシート写真の読み取り無制限 

入金・支払管理レポート 

ワンクリック振込(要ネットバンキング) 

チャットサポート優先対応 

月締め  
電話サポート  
税務調査サポート保証  

※価格に消費税は含みません

個人事業主向け会計freeeの料金プランも3種類あります。

なお、会計freeeの機能には試算表などのごく一般的な機能をもちろん含みますが、ここでは割愛します。

個人事業主向け会計freeeはそれぞれのプランごとに、上記のような機能面の違いがあるため、比較しつつご検討いただければと思います。

個人事業主の場合freeeのプランはスタンダードプランがおすすめ

個人事業主であっても、領収書の取り込み機能ははぜひ使いたい機能です。

個人の場合、スタータープランは領収書の取り込みが5枚までとなっており、使い物になりません。

プレミアムプランまでは必要ないと思いますが、個人事業主向け会計freeeはスタンダードプランをおすすめします。

無料でお試し可能なので、まずは以下の公式サイトで確認してみてください。

\かんたん5分で無料登録/

個人事業主の方のfreee利用は確定申告機能の優秀さに注目

個人事業主の場合、特筆すべきはやはり確定申告の機能が優秀です。

これは控えめに言って、めちゃくちゃ使い勝手がいいです。

もちろん記帳したデータから連動しますし、言うまでもなく国税庁の申告フォームなどとはレベルが違います。

この機能だけでも一度は試してみる価値は十分にあると思いますし、多くの方がちょっとした衝撃を受ける可能性が高いです。

会計freeeの支払方法はクレジットかPAYPALが基本です

クラウド会計freeeの料金は、会計freeeの画面から支払可能です。

決済手段はクレジットカードかペイパル(PayPal)です。

いずれの支払方法も利用できない場合は、ネットショップや家電量販店でも購入いただけます。

なお、支払は事業所単位になっているため、複数の事業所を管理する場合はそれぞれでお支払いが必要です。

会計freeeの料金プランについてまとめ

この記事ではクラウド会計ソフトfreeeの料金や機能面の特徴について比較しつつ詳しくご紹介しました。

ぜひご検討の参考にされてください。

また、会計freeeは1ヶ月間の無料のお試し期間もあり、全てのプランがお試し可能です。

そのまま有償プランへ切り替える事ができるため、まずは無料のお試しプランで使ってみることをおすすめします。

なお、freeeの登録や使い方については別記事で詳しく紹介しており、無料のお試しもあります。下記リンク先の記事をご確認ください。

また、口コミや評判については下記リンク先の記事で紹介しております。よければご確認ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる