スマレジのCSV出力機能を徹底解説!売上から在庫まで簡単データ管理

商品の登録や、顧客傾向、在庫把握や売上など、データの管理は面倒なことが多いですよね。

この記事では、スマレジのCSVファイルの出力・登録機能について詳しく解説します。

スマレジのCSVファイル出力や登録機能を知ることで、データ管理の効率アップが可能です。

企業戦力にデータ分析は欠かせない作業になります。

しかし、データ管理の段階で、時間を取られてしまうのは非効率的で、多くの機会損失に繋がるでしょう。

業務を効率化させたい方は、本記事のスマレジCSVファイル出力・登録機能についての解説をぜひご覧ください。

\ 0円からはじめられる! /

目次

まずは念のために確認!そもそもCSVデータとは?

CSVとは、Comma Separated Values(カンマ・セパレーティド・ヴァリューズ)の略です。

つまり、CSVデータとは文字や数字の項目間をカンマで区切ったデータを意味します。

CSVデータは、Excel(エクセル)やOpenOffice(オープンオフィス)で開いて表示することが可能です。

スマレジ内のデータをCSV形式にすることで、身近なソフトで扱うことができるようになり、データ登録・出力・管理などのやりとりが便利になるというわけです。

スマレジのCSV機能をマスターして、データ管理を円滑化させましょう。

スマレジでCSV出力機能を活用してできること①:取引一覧編

対象プラン
  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアムプラス
  • フードビジネス
  • リテールビジネス

スマレジは、無料プランをはじめとしたすべての料金プランで、各種項目の取引履歴一覧データをCSVファイルで出力することが可能です。

取引履歴一覧のCSVファイル出力は、必要な項目のみのデータの抜き出しや、分析、バックアップなどに役に立ちます。

スマレジの取引履歴一覧CSVファイル出力の手順

  1. 管理画面の左メニューより「取引履歴 > 取引履歴一覧」をクリック
  2. データを出力する履歴期間を選択して、「CSVダウンロード」をクリック
  3. 上から順に「改行コード」「ヘッダー表示」「出力項目設定」を設定して、「CSVダウンロード」をクリック
  4. データのダウンロード完了!

また、出力項目設定 の右にある「CSVダウンロード設定」をクリックすると、出力したいCSVファイルの形式や項目等の細かい設定が可能です。

スマレジの取引一覧CSVファイルの出力項目は全部で189個もあるのですよ。

ですから、それぞれの店舗に必要最適なデータを細かく選択して取引履歴をCSV出力することができます。

なお、1度にCSV出力可能な取引件数は、5万件となっています。

取引履歴のCSV出力可能な189個の項目は下記の通りです。

スクロールできます
1:取引11:合計21:原価合計31:締め区分41:伝票番号51:預かり金その他261:販売単価71:部門名81:非課税対象額91:小計値引き按分101:小計値引/割引区分111:商品区分121:レシート番号130:セールID141:社員値引き按分151:獲得マイル161:端数値引額171:前受金181:レシート印字商品名
2:取引日時12: 内消費税22:付与ポイント32:精算日時42:取消伝票番号52:支払い方法ID362:単品値引72:識別番号82:売上対象外合計92:ポイント値引き按分102:単品値引/割引区分112:ポイント対象122:チップ(現金)132:セール名称142:セール引き按分152:合計マイル162:端数値引額按分172:フトレシート有効日数182:店舗コード
3:取引区分13: 内現金支払金額23:使用ポイント33:締め日時43:承認番号53:支払方法363:単品割引73:客数83:売上対象外外税合計93:外税按分103:会員ランクコード113:免税区分123:チップ(クレジット)133:セール区分143:適用税率153:調整マイル163:レシートメモ173-175:客数(男)(女)(不明)183:品番
4: 取消区分14: 内クレジット支払金額24:現在ポイント44:センター処理日54:預かり金その他364:原価74:打消区分84:売上対象外原価合計94-97:客層ID2-5104:会員ランク名114:商品バンドルグループID124:商品毎の社員割引率134:セール値144:標準税率154:調整マイル区分164:割引丸め区分184-186:支払金種1-3
5: 単価値引き前小計15: 預かり金25:合計ポイント45:メモ55:取引明細ID65:数量75:打消取引ID85:売上対象外数量合計105:前受金(現金)115:内税按分125:社員ランクコード135:適用セール値145:修正税率155:調整マイル区分の値
6: 単価値引き小計16: 預かり金現金26:店舗ID36:年齢層46:支払方法ID156:取引明細区分66:値引き前計76:取消日時86:売上対象外返品数量合計106:免税販売区分116:取引タグ126.社員ランク名136:適用セール値引き額146:税設定156:販売価格計(値引済)(税込)166:カラー176:入出金区分コード
7: 小計17: 預かり金クレジット27:端末ID37:客層ID47:支払方法名157:商品ID67:単価値引き計77:外消費税87:販売区分107:内税商品の一般品免税額117:ポイント付与税区分127:社員販売割引率137:ポイント利用区分147:軽減税率名157:販売価格(値引済)(税込)167:サイズ177:入出金区分名187:クーポン名
8: 小計値引き18: 釣銭28:会員ID38:販売員ID48:預かり金その他158:商品コード68:値引き後計78:売上ヘッダ区分88:税率98:在庫引当区分108:外税商品の一般品免税額118:ポイント付与単位(金額)128:社員販売割引区分138:税の丸め方式148:軽減税率158:販売価格計(値引済)(税抜)168:グループコード178:シリアル番号188:商品バンドル値引き按分
9: 小計割引率19: 数量合計29:会員コード39:販売員名49:支払方法ID259:商品名69:原価計79:内税対象額89:税区分99:取扱カード会社109:内税商品の消耗品免税額119:ポイント付与単位(ポイント)129.適用社員販売割引率139:免税対象額149:マイレージ利用区分159:販売価格(値引済)(税抜)169:クーポン値引き179:値引割引計算対象189:単品値引き小計
10: ポイント値引き20: 返品数量合計30:端末取引ID40:支払回数50:支払方法名260:商品単価70:部門ID80:外税対象額90:売上区分100:親取引明細ID110:外税商品の消耗品免税額120:PINコード130:適用社員値引き額140:免税額150:現在マイル160:端数値引区分170:クーポン値引き按分180:値引対象小計

スマレジでCSV機能を活用してできること②:商品一括登録編

対象プラン
  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアムプラス
  • フードビジネス
  • リテールビジネス

スマレジは、無料プランをはじめとしたすべての料金プランで、CSVを利用した「商品データ一括登録」が可能です。

※なお、スタンダードプランは商品などの上限が1,000点までになっているのでご注意ください。

商品を1つ1つをスマレジに手入力するのは、面倒ですよね。

CSVデータを活用して、面倒な商品登録をサクッと一括で終わらせましょう。

商品登録手順①:スマレジの商品CSVデータのアップロード設定

商品一括登録の際に、まずはCSVデータのアップロード設定を行う必要があります。

CSVデータのアップロード設定手順

  1. スマレジ管理画面を開く
  2. 管理画面の左メニューより「商品→商品登録→CSV登録」をクリック。もしくは、「商品一覧画面→CSV登録」をクリック。※アップロード設定で指定した項目は、CSVデータ内の項目と一致させないといけません。項目の並びや数に差異はないか、作成時に確認しましょう。
  3. CSVアップロードの設定の右横【CSVアップロード設定】をクリック。
  4. CSVデータの項目と一致するように、ドラッグ&ドロップ操作で右の「CSVアップロードする項目」へ必要項目を移動させる。
  5. CSVアップロード設定完了!

商品登録手順②:スマレジにアップロードするためのExcelデータ作成

次に、スマレジにアップロードをするためのExcel(エクセル)データを作成します。

CSVデータの作成手順

  1. スマレジ公式ホームページより、Excel(エクセル)フォーマットをダウンロードする
  2. Excel(エクセル)を開き、必要項目を入力する。※1行目:上記で設定した「アップロードする項目」の縦並びと、Excelデータの横列の順番をそろえて、アップロードする項目を入力※2行目以降:アップロードする商品情報に合わせて入力
  3. 保存画面にて【ファイル形式】をクリック。ファイルの種類は「CSV(コンマ区切り)(.CSV)」を選択、任意のファイル名を入力し【保存】をクリック
  4. 商品一覧CSVデータ完成!

商品登録手順③:作成したExcel商品一覧データをスマレジにアップロード

最後にExcel(エクセル)で作成した商品一覧データをスマレジにアップロードします。

CSVデータのアップロード手順

  1. スマレジ管理画面の左メニューより「商品→商品登録→CSVで登録」をクリック。もしくは、「商品一覧画面→CSVで登録」をクリック。
  2. 「CSVファイル」の右横欄「ファイルを選択」をクリック。アップロードするファイルを選択する。
  3. 選択した商品登録用CSVファイルがセットされているか確認して、【アップロード】をクリック。※【アップロード】クリック後、エラー表示があった場合は、CSVファイルやCSVアップロード設定に問題がある可能性が高いので、必ず確認して、訂正後に再アップロードを行いましょう。
  4. CSVデータのアップロード完了!

スマレジでCSV出力機能を活用してできること③:商品一覧編

対象プラン
  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアムプラス
  • フードビジネス
  • リテールビジネス

スマレジは、無料プランをはじめとしたすべての料金プランで、商品一覧のCSVデータ出力が可能です。

商品一覧をダウンロードできると、バックアップとして保存ができて便利になりますね。

商品一覧のCSV出力について、詳しい手順を解説します。

スマレジの商品一覧のCSV出力(ダウンロード手順)

  1. スマレジ管理画面を開く
  2. 管理画面の左メニューより「商品→商品一覧」をクリック
  3. 商品一覧ページにて【CSVダウンロード】をクリック
  4. 「改行コード」「ヘッダー表示」「出力項目設定」の各項目を選択・設定して、右下の【CSVダウンロード】をクリック
  5. 商品一覧のCSVデータ出力完了!

以上が、スマレジでCSVデータを活用して商品を一括登録する方法になります。

商品一括登録の手順を簡単にまとめると「アップロード設定」→「エクセルでデータを作成」→「作成したエクセルデータをスマレジにアップロード」という流れになります。

スマレジでCSV出力機能を活用してできること④:在庫管理/棚卸し編

対象プラン
  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアムプラス
  • フードビジネス
  • リテールビジネス

スマレジでは、無料のスタンダードプランをはじめとしたすべての料金プランで、店舗ごとに商品在庫の設定ができるので、簡易的な在庫管理が可能となります。

また、スマレジの商品在庫データはCSV出力ができます。

ですから、実地棚卸しの際は、在庫のCSVデータを利用することができ、面倒な棚卸しが円滑になります。

スマレジ商品在庫入力方法【リテールビジネスプラン以外】
  1. スマレジアプリより入荷数を入力する
  2. スマレジ管理画面より在庫数を入力する

スマレジで在庫設定をしておくことで、商品販売の際に自動的に在庫数から販売数が引かれ、現在の在庫数を把握できます。

さらに、リテールビジネスプランでは、仕入れから入荷等の登録ができ、本格的な在庫管理・実地棚卸しが可能です。

商品在庫は、会社の資金で購入・仕入れをした資産です。

つまり、在庫管理=資金管理となります。

今まで在庫管理をしていなかったり、アナログで行っていた事業者の方も、スマレジで簡単に在庫管理をはじめることができます。

スマレジでCSV出力機能を活用してできること⑤:日報/月報編

対象プラン
  • スタンダード
  • プレミアム
  • プレミアムプラス
  • フードビジネス
  • リテールビジネス

スマレジでは、無料のスタンダードプランをはじめとしたすべての料金プランで、1日や月の売上等の集計を、日報や月報で確認することができます。

なお、日報や月報の集計データもCSV出力が可能です。

日報/月報のCSV出力手順

  1. スマレジ管理画面を開く
  2. 管理画面の左メニューより「日時処理」をクリック
  3. 「日報」又は「月報」をクリック
  4. 「日報印刷」又は「月報印刷」をクリック、【CSVダウンロード】をクリック
  5. 日報または月報CSVデータ出力完了!

※なお、日報・月報は締め処理後に閲覧可能です。

※日報・月報データはPDFデータの出力もできます。

スマレジタイムカードなら給与管理でCSVデータを活用できる

スマレジでは、スマレジタイムカードという無料ではじめられるクラウドサービスも提供しています。

スマレジタイムカードの料金プランは下記の通りです。

スタンダードプレミアムプレミアムプラスエンタープライズ
無料¥2,200¥4,400
スマレジ(有料プラン)利用で¥2,200
¥6,600
ひと月(10名まで)の税込価格

無料のスタンダードプランでも、職場に合わせた記録方法が可能な勤怠管理や、給与・賞与の集計ダウンロードができるので、気軽に導入しやすいですね。

また、スマレジ同様に、スマレジタイムカードでもCSVデータ機能を活用することができます。

スマレジタイムカードでは、従業員や給与情報等の一括登録や、勤怠実績・給与情報等のCSVデータ出力が可能です。

\ 0円からはじめられる! /

まとめ:スマレジのCSV出力機能を使いこなして業務効率化を進めましょう

スマレジでCSV機能を活用できること
  • 取引一覧のCSV出力
  • 商品一覧のCSV一括登録
  • 商品一覧のCSV出力
  • 日報・月報のCSV出力

データ登録やバックアップは、CSV機能を使いこなして、時短で管理したいですね。

スマレジのCSV機能を使える項目を知って、業務効率を向上させ円滑な経営に繋げましょう。

なお、スマレジの口コミや評判はこちらの記事で詳しくご紹介していますので、ぜひご確認ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次