経理は転職に有利|依存心を破壊し精神的バランスを保つ方法とは?

経理転職有利自己啓発

この記事では、経理職の方が会社への依存心を破壊し、精神的なバランスを保つための方法について述べたいと思います。

依存心が強いと、本質的な判断や行動指針が保てなくなります。どうしても判断や行動にバイアスがかかってしまうからです。いわゆる「軸が無い」という状況にもなりかねません。

実際に、10年以上管理職をやってきた経験からそう思います。依存心から配慮しすぎる事や、過度に失敗を恐れる事による弊害は数えきれないほど見てきました。

先に結論から述べますと、特におススメなのが読書や転職サイトの活用です。その理由と共に記載していきます。

(この記事を読むとわかること)
・会社への依存心による弊害
・依存心を破壊する方法
・経理が転職で有利な理由
・転職サイト活用のメリットデメリット
・忠誠心や愛社精神との関係性
(このような方におすすめ)
・いわゆるサラリーマンの方
・会社にストレスを抱えている方
・上司に積極的に意見を言えない方
・上司の顔色をうかがって判断をしてしまう方
ではさっそく記載していきます。
  1. 会社への依存心を生む原因や生じるバイアスを解説します
    1. 会社への依存心を生む原因を5つご紹介します
    2. 会社への依存心によるバイアスを5つご紹介します
  2. 会社への依存心を破壊する方法は自信をつけること
    1. 自信を付ける事により行動や言動にブレがなくなる
    2. 自信は大切だが自信過剰に陥ってはいけない
    3. しっかりとした軸があれば最悪のケースの行動も決められる
  3. 会社への依存心を破壊する具体的な方法を2つご紹介します
    1. 依存心を破壊する具体的な方法①:読書
    2. 依存心を破壊する具体的な方法②:転職サイトの活用
  4. 経理が転職で有利な理由を3つご紹介します
    1. 経理が転職で有利な理由①:スキルに共通点が多い
    2. 経理が転職で有利な理由②:客観的指標が多い
    3. 経理が転職で有利な理由③:ツールの汎用性が高い
  5. 経理が転職サイトを活用するメリットやデメリット
    1. 経理が転職サイトを活用するデメリットを4つご紹介します
    2. 経理が転職サイトを活用するメリットを6つご紹介します
  6. 経理が転職で有利なエージェント系転職サイト
    1. 経理が転職で有利なエージェント系転職サイト①:ジャスネットキャリア
    2. 経理が転職で有利なエージェント系転職サイト②:MS-Japan
    3. 経理が転職で有利なエージェント系転職サイト③:ビズリーチ
    4. 経理が転職で有利なエージェント系転職サイト④:リクルートキャリアカーバー
  7. 忠誠心や愛社精神との関係性
  8. まとめ

会社への依存心を生む原因や生じるバイアスを解説します

既に述べてきた通り、会社への依存心が強いと様々な弊害があります。更に掘り下げてみていきます。

もちろん組織に属している以上は、常に会社目線で考え、会社のためになることをやっていくのは重要ですし、当たり前と言えます。

ただし、これが「自身の立場」や「自身の評価」を気にし過ぎるあまり本来の判断や行動をゆがめてしまってはよくありません。

会社への依存心を生む原因を5つご紹介します

・経済的な背景から離職や転職が難しい
・現在の職を失うと条件が悪化する気がする
・転職による環境の変化に対しての抵抗感
・新しい環境で立ち位置を確保する自信が無い
・いつも怒られて能力が無いように錯覚

会社への依存心を生んでしまう原因としては、上記のようなものがありそうです。

いずれも環境や将来への不安からくるものが多いように思います。

次に依存心によるバイアスを見ていきます。

会社への依存心によるバイアスを5つご紹介します

・無難な判断に寄り過ぎフラットに考えられない
・行動指針が「怒られないため」などに偏りがち
・上司の好みなどに合わせようとしてしまう
・波風を立てまいと発言を躊躇する
・失敗を隠そうとしたり手柄を過度に主張しがち
依存心が強いと、どうしても様々なバイアス(歪み)が生じてしまいます。上記のようなものが考えられます。
つまり、本質的な判断や本来の行動指針からズレてしまう可能性が高くなります。
次に、これを破壊し、本質的な判断や行動を促す方法をみていきます。

会社への依存心を破壊する方法は自信をつけること

依存心を破壊する最善の方法は、一言でいうと自信と信念を身に付ける事に尽きます。

自分に自信があれば本質的な判断や行動をゆがめることなく、しっかりと主張する事もできます。

自信を付ける事により行動や言動にブレがなくなる

相手の顔色をうかがったり、評価を気にすることが先に来るのは自信をつける事でかなり緩和されると言えます。

もっといえば、行動や言動にブレが無くなります。

評価されるかどうかよりも、自身の価値観や判断基準に照らして正しいかどうか、信念に沿っているかどうかで行動や言動が決まってくるからです。

自信は大切だが自信過剰に陥ってはいけない

ただし、言うまでもありませんが、自信過剰に陥りすぎるのはよくありません。逆に自身の判断が正しいと考え過ぎたり、人の意見をフラットに聞き入れられないのはもちろん問題があります。

自身を客観的に俯瞰する目線も同時に磨いていくといいと思います。

しっかりとした軸があれば最悪のケースの行動も決められる

自身の信念からそれたり、冷遇されるようであれば、本当にその組織に属するべきなのかも考えてみる必要があるかもしれません。

いざという時に袂を分かつ覚悟くらいは持って置いた方が、逆にいい仕事ができると僕は思っています。

全てとは言いませんが、実際に仕事ができる人はしっかりと自分の意見を持っており、発言にも躊躇が無い場合が多いです。

会社への依存心を破壊する具体的な方法を2つご紹介します

では自信や信念をつけるためにできる事はどのような事があるのでしょうか。

効果の高い方法2つに絞って、具体的にみていきます。

依存心を破壊する具体的な方法①:読書

読書は非常に自身のスキルや信念の質を高める事に役立ちます。本屋の無い国は発展しないと言われているほどです。

また、読書をすれば必ず成功するわけではありませんが、成功者のほとんど全員に読書の習慣がある事は紛れもない事実です。

ベストセラーやロングセラーの本を読むだけでもかなり効果があると言えそうです。通勤時間や隙間時間を使って読書の習慣をつける事は非常におすすめです。

また、読書によりストレス解消の効果がある事も実験で証明されています。

読書については以前の記事でもご紹介しております。よければご覧ください。

読書で人生は変わる!「効率的な読み方」とおすすめ自己啓発本5選

依存心を破壊する具体的な方法②:転職サイトの活用

転職サイトで自身の価値を知ることも効果的です。実際に僕も利用したことがありますが、かなり精神的な後ろ盾となってくれます。

僕の場合はかつてのメンター(上司)が強く勧めるので転職のつもりも無いのに登録してみたのですが、思った以上に精神面にゆとりが持てた気がします。

読書はほとんど説明の必要もありませんが、転職についてはもう少し掘り下げてみてみます。

特に経理職の場合は転職に有利であるため、より効果が高いと言えます。

経理が転職で有利な理由を3つご紹介します

経理は転職で有利だと言えますが、その理由を具体的に解説します。

実に多くの点で転職に有利な条件を備えています。

経理が転職で有利な理由①:スキルに共通点が多い

特に経理職の場合は、転職しやすい職種と言えます。全てとは言いませんが、複式簿記や税法など、どの会社でもベースとなるスキルに共通点が多いからです。

また、どの企業でも必ず必要な職種です。いわゆる「つぶしが利く」職業と言えます。

経理が転職で有利な理由②:客観的指標が多い

また、簿記の資格など、客観的な指標がある事も有利な点と言えます。

英語力や、税理士の科目合格、更にUSCPAやBATICなどレベルの高いものは更に有利になり得ます。

経理が転職で有利な理由③:ツールの汎用性が高い

会計ソフトやエクセルなど、多少の相違点があっても基本的な使用に差支えが無いため、すぐに業務に取り掛かれる点もメリットと言えそうです。

これらの背景から、職業上のいわゆる作業面からの敷居はかなり低いと言えます。

経理の転職のしやすさについては、東証一部勤務で採用経験もあるたなかのさんのブログでも紹介されています。

【結論】経理は転職しやすいです!【経理経験17年の僕が徹底解説】

経理が転職サイトを活用するメリットやデメリット

転職サイトの活用に話を戻しますが、どんなメリットやデメリットがあるのか記載してみます。

ちなみにここではエージェント系の転職サイトに限定して考えています。ただ単に一般的な転職サイトに登録するだけでは効果が薄いと考えています。

経理が転職サイトを活用するデメリットを4つご紹介します

デメリット

・基本的には会社に内緒で進める必要がある
・知られた場合上司によっては心象を損なう
・なんとなく後ろめたい気分になる
・登録に多少の手間がかかりめんどくさい

上記のようなデメリットがあります。

しかしちょっとしためんどくささなどを乗り越える価値は十分にあります。

精神的な面がほとんどで、こだわりを捨てれば、直接的なデメリットは少ないと言えるでしょう。

経理が転職サイトを活用するメリットを6つご紹介します

メリット

・自身の価値を知ることができる
・様々なアドバイスをもらえる
・経理にどんなポジションがあるのかを知れる
・自分に足りないスキルを知ることができる
・強みと伸ばすべきスキルを知ることができる
・本当に転職によりキャリアアップの可能性

上記のようなメリットがあります。

多少のリスクやデメリットを指しい引いても、十分に価値があると思います。

これからも健全に会社での勤務を続けていく上で、精神的な安定は良い結果を招くことが多いです。

経理が転職で有利なエージェント系転職サイト

転職エージェント名特徴求人数提案力おすすめ度
ジャスネットキャリア会計や経理に特化のエージェント★★★★★★★★★★★
MS-Japan管理部門の求人で日本NO1★★★★★★★★★★★
ビズリーチ転職エージェンのパイオニア★★★★★★★★★★★
キャリアカーバーハイクラスの転職に特化★★★★★★★★★★★★

経理の転職に向いているエージェント系の転職サイトは、上記のようなサイトがあり、その特徴は一覧の通りです。

主観も含むため、目安にされてください。

結論から申し上げますと、やはり経理に特化したエージェントの方が、よりきめ細やかな対応が望めるのではないかと思います。

どの転職エージェントのサイトも、登録無料なので「ものは試し」でどれも気軽に試してみてはいかがかと思います。

以下でそれぞれ、詳しく解説します。

経理が転職で有利なエージェント系転職サイト①:ジャスネットキャリア

もともとは公認会計士の方が創めた人材紹介会社から派生した、天職エージェントです。

会計、税務、経理、財務などの転職に特化しており、知識の専門性も高いため、よりきめ細やかな要望も通りやすい面がありそうです。

公認会計士、税理士などの有資格者の他、会計、税務、経理、財務分野に就いておられる方には非常におすすめです。

求職者の方、求人企業の双方にとって良いマッチングができそうです。

ジャスネットキャリア

経理が転職で有利なエージェント系転職サイト②:MS-Japan

経理や財務などの管理部門であれば、特化型のエージェントがいいかもしれません。東証一部上場企業のMS-Japanなどがそうです。
管理部門のエージェントではNo1のようです。
転職に際しての求人案件の多さからおすすめできそうです。

MS-Japan

経理が転職で有利なエージェント系転職サイト③:ビズリーチ

ビズリーチもおすすめです。
エージェント系の転職サイトではパイオニア的存在ですし、実際に自身の経験からも、アプローチしてくるエージェントの提案の質も高かったです。
ただし、現在の年収600万円以上が対象です。その代わりに質の高いポジションが狙えます。

経理が転職で有利なエージェント系転職サイト④:リクルートキャリアカーバー

さらに、現在の年収が800万円以上であれば、リクルートキャリアのキャリアカーバーがいいでしょう。
よりハイクラスな転職を導いてくれそうです。
ただし、そもそもの年収のハードルが高いため、現時点でそれなりの役職に就いておられる方が対象になりそうです。
さらなるステップアップを狙う方にはおすすめのサイトです。

キャリアカーバー

忠誠心や愛社精神との関係性

転職というと現在の会社にとってネガティブなイメージがありそうですが、僕はそうは思いません。正確には、思わなくなったと言うべきかもしれません。

これにより会社への忠誠心や愛社精神が損なわれる事は全くありませんでした。

それどころか、逆に自信とモチベーションを持って業務に携われるため、発言の機会や自ら進んで提案する場面も増えます。

これにより評価も高まり、より仕事が楽しくなったり会社が好きになったりといった効果があるように思います。

少なくとも自分はそうでしたが、これは人によるかもしれません。笑

まとめ

今回は会社への依存心を破壊する事により精神的な安定を手に入れる方法についてご紹介しました。

これによるメリットは試してみないとわからない面がありますが、個人的にはすごくおすすめです。

転職サイトは登録がめんどくさいなどはあるかもしれませんが、読書はすぐにでも取り掛かることができます。

経理は本当に転職に有利なので、もっと自信を持っていいですし、ストレスから解放されるべきです。

ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

転職サイトの一覧表に戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました