マーケティング知識の無い経理職や事務職が最初に読むべき本はこれ!

マーケティング自己啓発

どうもみなさんこんにちは。マーケティングど素人が書くマーケティングについての記事にようこそ。笑

今回は僕も含めたマーケティングの素人が、まず最初に読んでみるといい本について記載していきます。

今回は5分程度で読める、軽めの記事です。

とはいえ、個人的に興味がありましてマーケティング関連の書籍はそれなりの数を読み漁りました。

それこそ超有名どころのポーターやコトラーの難しい本から、日本人の方の書籍や漫画でわかる的な本もいろいろと読みました。

その中でも、「いろいろ読んだけど、もうこれだけ読んでおけばいんじゃね?」って言うような超オススメの書籍をご紹介します。

記事中にamazonのリンクを貼りますが、ご安心ください。まだ提携申請が蹴られておりまして、なんとクリックしたとて、こちらには1円も入って参りません。笑

ご安心の上、クリック頂けましたらと思います。笑

ではさっそくご紹介します。

書籍のタイトルと概要

以下のタイトルの書籍になります。シリーズで3まであります。

中でもシリーズの1が一番いいです。まずはシリーズの1を読んでみて、気になれば続きを読まれてもいいかもしれません。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

なんて怪しいタイトル!www

しかし侮ることなかれ、めちゃくちゃいい本です。タイトルの付け方に疑問が残りまくりますが、内容は別次元に洗練されています。

あとすみません、2と3は電子書籍しかリンクが見つかりませんでした。紙の本が良ければ大変お手数ですがご自身で検索を・・・丸投げですみません。笑

おすすめの理由

おすすめの理由はいくつかあります。例えば以下のようなものです。

・網羅的である
・理解しやすい
・記憶に定着しやすい
・思い出しやすい
・物語が普通におもしろい

網羅的である事

この本は物語調で進んでいきます。その中でも、驚くほど自然に多くのマーケティング理論がちりばめられています。例えば以下のようなものです。長すぎるものは適当に端折りながら記載します。

・マーケットチャレンジャーの戦略
・ブルーオーシャン戦略
・ポジショニング
・コミュニケーションの一貫性
・イノベーター理論とキャズム理論
簡単にいくつかピックアップしましたが、この他にも非常に多くの理論や手法が、ものすごく多くの参考文献を用い網羅されています。

理解しやすい

物語に沿って話が進んでいくため、無理なく理解できます。また、物語の中での説明がそのまま読み手への説明となり、すんなり頭に入ってきます。

記憶に定着しやすい

物語によって進むため、イメージや感情といったリソースを割くことになり、記憶に定着しやすいです。

思い出しやすい

ストーリーの流れや文脈と関連付けて記憶するため、思い出すときのキッカケになりやすいです。既に述べた通り、定着しやすい上に思い出しやすくもあります。

物語が普通におもしろい

読み物としても普通におもしろいです。キャラにも愛着がわく設定になっており、本当に上手くまとまっている書籍だと思います。

まとめ

今回はマーケティングについての書籍をご紹介しました。

友人などとは「コーラの本」で話が通じますが、もはや何の本かわからない状態です。笑

僕も最初にこの本を読み、マーケティングに対しての興味がすごく高まりました。お暇なときに読んでみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました